自衛隊マニアのブログ

ただ自衛隊が大好きなだけの初心者です。

航空自衛隊の勤務の流れとは?

航空自衛隊は、日本の防空のため、戦闘機部隊、警戒管制部隊、高射部隊等の勤務があり、また、政府専用機の運航、管理などでも活躍しています。

 

自衛官候補生教育  

約3ヶ月間、基礎教育を受けます。

終了すると職域に応じて専門的な技術を身に付けるための、各術科学校に進みます。

 

↓   ↓   ↓

 

術科教育

約3~46週間、

1術校(航空機整備等)

2術校(高射・レーダー整備等)

3術校(後方業務等)

4術校(通信気象等)

5術校(航空管制等)

 

↓   ↓   ↓

 

部隊勤務

訓練や演習を通じて組織の基幹スタッフとして

能力の向上を目指します。

隊員と航空機が機能し、部隊の総合力を発揮できるよう部隊間の連携を行います。

 

↓   ↓   ↓

 

選択

選抜試験合格後

空曹予定者過程(約9週間)

空曹としての心構えを徹底させながら、約9週間の空曹予定者過程ん経て、空曹として活躍します。

 

もう1つは、任期満了退職。

↓   ↓   ↓

民間企業等に就職

防衛省自衛隊では退職予定者に対し、様々な就職援護施策を講じています。

 

 

がんばれ!自衛隊